スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々雑感 参

前回から3ケ月が過ぎた。
鮎漁初期は、仲間から教えてもらった宮崎県の五ケ瀬川と緑川上流
に行ってみた。
入漁年券を買い、早速支度をして河川に降りる。
上流ゆえに川幅は広くはないが川の綺麗さ(透明度)抜群、おまけに
海抜も高いので暑くはない。
釣れると聞いてはいたが、・・・・・・・・ビックリするほど良く釣れた。
そして、透明度の良さと岩に着く苔の良さであろうかそれらの鮎の
美しさ、ぬめり具合と独特の香りのよさ
今までこんな釣果は初めてでそのうれしさに殆ど配ってしまった。

友釣りして掛かった時にタモ(網)に入れるのだが、その入れ方(捕り
方?)は二つあり、一つは竿で水流を感じながらゆっくりと手元に引
き寄せてタモに入れるのと、掛かった鮎を水面上に引き上げた後に
竿を立て手元に引き抜くという技がある。
先輩諸氏は上手に引き抜いて、スイ~!とタモに入れるのだが、
私は逃すのがもったいないので実践は殆どしていなかった。

 釣期前には糸になすびやキュウリを着けて引き抜きの練習はする
のだが、いざ実践となると惜しくて出来ないのである。
しかし今期は大漁だったのと初期の鮎で小型だったのとが重なり、
引き抜きを試してみた。まだまだ恰好はよくはないが重ねるうちに
様にはなってくるであろう。・・・・・しかし釣期後半になれば大型になっ
てくるので引き抜きはしない。

今期あと何回行けるか、天候が良ければ10月中旬まで7回はいけ
るか?
その釣果を親戚、友人たちに配り、送る
ことがどれくらいできるか?
水曜日になるとどの河川に行くか悩むのである。

日々雑感 弐

雑感 弐の壱 八代ドリーム
 先週の日曜日18日から25日まで、八代のスタジオ
 あず○でカラオケ大会があった。と言っても単なる
カラオケ大会ではなく歌手発掘そしてデビューさせる
ためのものである。
八代とは八代亜紀が生まれた都市で熊本県の
南部に位置する。
18日から24日までの出場者160名中、
毎回の上位4名が25日の決勝戦に出るのである。
しかし、決勝戦で優勝を勝ち取っても目出度くデビュー
とはならない。いろんな面を加味した上で決定される。
 この主催者は
裸一貫、腕一本でいろんな夢を実現されてきた方で、
今度は歌手を育てていこうとされているのである。
毎回の大会後の採点の時に、主催者が説明をされる。
初めてその事を聞いた出場者も多かったはずである。
新たに歌手デビューさせるという夢に向かっての序章。
その内容を詳しく書くことはしないが、
聞いていて私は胸が熱くなってきていた。
 私も審査員として2日間行ってきた。
初日は緊張しながら採点をしていった。
33名の出場者から上位4名を選ぶのだが5項目各10点で
計50点。
歌が終わるたびに採点し、後半になるほど採点表の
あちこちに点数の書き換えが多くなってきていた。
決勝戦の審査には行けなかったが、
このブログにも度々登場していただいているSI葉さんのFBにて
ミュージカルを目指していた女性が優勝を
仕留めたということである。

弥栄 弥栄 弥栄

雑感 弐の弐  
 優しき人 壱
以前この近くの河川にて蛍が乱舞しているのを描いた。
今年も見に行った。
近所のおばさんであろう人が先客できていた。
前回よりは少なかったが楽しい時間だった。

こんな幼児の作文・・・・・・・・で
終わる訳ではない。

河川に沿って上下流を歩んで行ってると、
下流方面から車がスモールランプのみを灯し乍ら
ゆ~っくりと進んできた。
蛍を見るためにスモールランプ・・・・・・
・・・・・。
ところが蛍が乱舞しているところでも止まる気配はなく
私たちがいるところを過ぎてからライトを大きくしてからも
ゆっくりゆっくりと過ぎていった。

いつも通り慣れている人であろうか
近所の人であろうか?
なんと心配りのあるやさしい
     優しい人がいるものだ。

雑感 弐の参
優しき人 弐
またアユの季節がやってくる。
例年通り、私の所属する友釣り倶楽部での緑川河川敷の
草刈りがあった。
早朝6:00各々刈り払い機を持参し集合。
今年は10名ほどで少なめであった。
やがて段取りよく各場所での草刈り。
草刈り後の匂いといふより香りと書くべきか・・・
青臭いキュウリ西瓜の香りをまき散らす。
いい香りである。

各々作業しているその中でビニール袋を片手に
空き缶などの護美屑を拾っている仲間がいた。

優しい人がいるものだ。
 やさしい人がいるものだ

6月1日 アユ漁解禁
 解禁になったら大雨が降らない限りは
今年も毎週木曜日には清流に行くだらう。
 鮎の友釣りは囮鮎の鼻に針を通し、仕掛けを着けて
いくのだが、その時に反射で動くのか痛みで動くのかは知らね
ども体を動かして反応する。
痛みはつらいですよね!
 と仕事上は言いながらも、こんなことしている私がいる。

嗚呼

   長く書きすぎた
     まう止める

 



日々雑感

雑感 壱
前回のブログから随分と日が過ぎた
PCのXPが使えなるということで新たに買い求めてセットして
もらった。
 旧PCはウイルス駆除も設定してあって業者から安心して
使えますから・・・・・・と聞いていた。新PCへの移行作業をする
にあたり確認してもらい乍ら作業は進んだ・・・・・すると・・・・・・
・・・・・「このPCウイルス対策してないですネ!」と
いふではないか・・・・・んなことはない と言ったが、
ビックリしたな~MO
期限が切れていたのだろうか・・・・・・何も知らずに使っていて
よくぞもてたものだ!
 無知  無知の知  無知の無知

雑感 弐
今年も昨年石楠花を仕入れた福岡八女市のしゃくなげの丘に
花見と仕入れを兼ねて友人と訪れるはずだった。が
急用ができたために行かずじまい。
しかし、後日以前行ったことがある宮崎の石楠花寺に行った。
前回行ったときには祭りの日だったのか見物客、出店、
植木業者も多かったが、今回は時期が少し過ぎていたせいか
出店なく客も少なかった。
 石楠花寺と書いたが実際は「三ケ所神社」である。
駐車場から裏山の木立の中の石楠花通りを散策し
、神社に着いた。
神殿にてお賽銭、弐礼弐拍手。
 社務所を除くと、お守りが目に入った。
海馬守・・・・・健康のため、脳のお守りのために求めた。

雑感 参
 昨年末から体重が増えてきていて、血圧を測ると190/120
もあった。以前から高めではあっただがその時は多少ではなく、
かなり驚いた。
 以前からたまには仕事を終えてから歩いていたが、時間により
できぬこともあったので、
そういう現実の後、天気のいい日には極力早朝散歩をする
ようにした。しかも、ただ歩くだけでは能がないので両手には
各2KGのダンベルを持って上半身、上肢の運動もかねて歩行、
ジョギング、後ろ歩き、スクワットを組み合わせておこなっている。
夕刻の運動はさぼりがちになりやすいが、早朝はさぼりにくいので
おかげさまで続いている。
こんな運動を続けながら、気が長くもせっかちな私は日に何回も
血圧計で図るのが日課になりつつある。

うちに来堂される人たちには、数字には一喜一憂しないほうがいい
ですよと言いながらも、気にしている私がいる 
嗚呼!!!

春分の日

けふは春分の日
この時期、三寒四温というが確実に寒温の温度は狭まり暖かく
なってきている。
我が果樹園のプラムの花は満開、モモは三分咲き、アーモンドは
二分咲き・・・果実時期が楽しみである。
ログハウス前の石楠花も3日前は数多い蕾の中で2~3ぐらいしか
花弁が出ていなかったが、けふは三分咲きになっている。
三分咲きとはいえ満開ではない。
今は淡き桃色なのだが花開くにつれ其の色は淡くなっていく。

昨年仕入れて植えた隠岐石楠花はいっぱいの蕾を付けている。
牡丹も芍薬も例年通り。

今から先日々も楽しみが増える。

赤、桃、黄色、紫、白の花華

弥栄 弥栄 弥栄

計画

前回の記事から2ケ月は過ぎ、その途中に旧正月があって
28日を迎えた。
一年の計は元旦にあり。月毎の定休日計画を練ってみた。
まずは3・4・5月・・・・・家の南側に位置する駐車場周りの
清掃、剪定、石楠花や牡丹の定植。

三月荒神・・・・これは家の周りで作業するときに、冬場は家の
中心から北方面ではするなといふこと。
春の3・4・5月は東側、夏の6・7・8月は南側、秋の9・
10・11月は西側の作業したらよろしくはない。
これらの季節にはその方角に三月荒神(みつきこうじんと読む)
が鎮座して、これらの時期にこの方角で作業をすると災いがおこる。
といわれている。

聞けばよくよく考えたうえで行え、3ケ月ぐらいは熟考、熟慮せよ!
とのことらしい。・・・・・ので本来は東側から綺麗にしたいのだが
南側を先にして、夏場は東側の整備をしていこうと思っている。・・
・・・・・が、しかし、6・7・8月は鮎釣りと重なるので家の周り
に手を入れることはあまりできない。
しかも釣期は10月まではあるので、夏期、秋期は家の周りの手入れ
はほとんどできないのである。

厳密に書くと約半年の計画である。
その空いてる期間に伐採、果樹植え、整地整備、草刈が私を待っている。


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。