スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NATURE NEEDS NO HELP

日毎、週ごとに花樹草木は伸びていく。
雨にもめげず、酷暑にもめげず命を表現していく。
駐車場や庭の雑草(雑草と書くのは申し訳ないが)も伸びていく。
そんな家周りの状況の中
「NATURE NEEDS NO HELP」で過ごす。
         これはカイロプラクテイックの哲学で
        「自然は手助けを必要としない。」なるものがある。
しかし、家人はそれでは済ませられなく草取りを要請される。

昨日、朝ごっとき(朝一番)から庭、駐車場の草取り、切りを行った。
NATURE NEEDS NO HELP
雑草を取る
NATURE NEEDS NO HELP
芝生を刈る
NATURE NEEDS NO HELP
樹木を整えるべく剪定をする
NATURE NEEDS NO HELP
駐車場の周りには数本の日本・西洋石楠花があるが、
春に移し替えた何本かが酷暑のせいか葉が枯れてきている。
NATURE NEEDS NO HELP
散水する

自然には環境破壊をしたが
我が家の環境は良好になった
自然は流動、人工は快適

NATURE NEEDS NO HELP


ただただ・・・・・あるがまま・・・・なるがまま
命の表現

蚊取り線香を焚きながら、フマ○ラーを辺り一面に噴霧しながら
ミミズを踏みながら草取りは終わった。




スポンサーサイト

翡翠

時として豪雨、落雷、快晴・・・・今年は天候変動が大きく
気温も半端ではない。
昨日は珍しく快晴であったので鮎釣りに行った。
河川状況を川下から眺めつつ上流へと走って行くと、透明度と
色がだんだん変ってくるのがわかる。
何回も車を止め、鮎の食み痕を確認しながら移動していき、
眺めると食み痕が確認できたが少なめだったために
また上流へと移動した。
神社裏にある橋の上から眺むれば

清冽なる流れは翡翠色、
川面が返す陽光の
中の岩肌黒々と
多数の食み痕縦横に・・・・・

「ここが私を呼んでいた。」

勝手に思って着替えをし、
閉館であろう保育園?横の斜面をはやる気持ちを抑えつつ下った。

竿を出して用意をしていると、斜面から声がしてきた・・・・・
園長?を先頭に子供たちと保護者もぞろぞろと降りてきたのである。
「すみませんね~河原の石を拾いに来ました。すぐに終わりますので~!」
「鮎釣りですか?」「釣れますか?」・・・・
・・・・ETC
とどめの一発「昨日の方ですか?釣り姿そっくりですけど・・・」

[ゲッ」

この話を聞いてから場所を変えればよかったのであるが・・・・・
・・・・・やはりだめだった。
その後数か所うごめいたが・・・・だめだった。

入る前の魅力ある翡翠色の川、釣果なし冷徹な翡翠色の川
まっ いいか
釣期はつづく。

ちなみにとはカワセミの雄雌のことだと読んだことがある。

浦島太郎

河川に流れる水は清濁緩急自在に下流へと流れゆく。
今年も鮎の釣期になったが今年の梅雨は雨量が・・・・
・・中途半端はやめて・・・奥村チヨの歌の歌ではないが
半端ではない。
故に・・・・・鮎釣りは・・・・・

閑話休題
昨日行きつけのガソリンスタンドが休業だったので別の
スタンドに行った。国道から左折し順番を待っていると・・・
・・・係員がいなく事務所に目を向けると「セルフ」の表示があちこちに貼ってあった。
ギョッ   私は、出来ないのである。
すぐにUターンして自宅に帰ってセルフが出来る娘が帰るのを待ち、
妻同伴で娘行きつけのGSに行き颯爽と横につけ車外に出る。
娘・・カードはあるの?
カード? 私にとってのカード類は免許証、献血カード、保険証。
娘は私のために係員を呼び説明を受けながら手順を進めていき無事終了。
今度利用する時も彼にお願いしよう。
便利になったのか不便になったのか分からないが、
確実に時代の波は田舎にも及んできている

説明セルフ給油が済んだシルバーの車は商店街の一角を抜け、田植えが済んだ左右の田んぼ眺め、
深緑に変わりつつある山並みの下の道を走った。




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。